2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ジョン・ウィック:チャプター2 | トップページ | GP Car Story vol.01 McLaren MP4/4 »

2018年1月17日 (水)

キングスマン:ゴールデン・サークル

 ロンドンのサヴィル・ロウにある高級テーラー「キングスマン」。表の顔は高級テーラーだが、その実態は世界最強のスパイ機関だ。映画「キングスマン」でハリー・ハート(コリン・ファース)にスカウトされ、エース・エージェント「ガラハッド」の座を継いだゲイリー・”エグジー”・アンウィン(タロン・エガートン)が、続編の「キングスマン:ゴールデン・サークル」でいきなりキングスマン壊滅という危機に直面する。たった2人生き残ったエグジーとマーリン(マーク・ストロング)は、アメリカの同盟スパイ機関「ステイツマン」と合流、世界的麻薬組織「ゴールデン・サークル」との対決に挑む。というわけで、前作よりもさらにパワーアップしたブッ飛び系スパイ映画として、またもやハチャメチャな物語が展開される。「007」シリーズなど過去のスパイ映画へのオマージュ満載で、それに加えてイギリス文化とアメリカ文化の対比もおもしろい。テーラーとカウボーイ、スコッチとバーボン、ロックとカントリーなど。ゴールデン・サークルのアジトはさながら「アメリカン・グラフィティ」のダイナーだ。まあここのハンバーガーは食べたくないが。エルトン・ジョンも特別出演しているが、これまたブッ飛びキャラだ。それにしても、マーリンが「カントリー・ロード」を高らかに歌うシーンはちょっと泣ける。

F30cd59db2c2a41d

« ジョン・ウィック:チャプター2 | トップページ | GP Car Story vol.01 McLaren MP4/4 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/66287298

この記事へのトラックバック一覧です: キングスマン:ゴールデン・サークル:

« ジョン・ウィック:チャプター2 | トップページ | GP Car Story vol.01 McLaren MP4/4 »