2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日本の歴史① 日本史誕生 | トップページ | ビジュアル版 逆説の日本史2 古代編㊦ »

2017年10月 8日 (日)

静内御殿山墳墓群

 新ひだか町の静内御殿山墳墓群は、いまから3000年くらい前、縄文時代後期〜晩期の遺跡だ。1952年、地元の静内高校郷土史研究部員によって発見され、発掘調査の結果80基の墳墓と石器、土器などの副葬品が出土した。この写真ではちょっとわかりにくいが、墳墓群のあるところは標高25m程度の高台で、いまは牧場となっている。ぼくも子どもの頃に矢じりや土器のかけらを拾ったが、いつだったかすべて郷土館に寄付した。縄文時代ののち、本州では稲作が定着して弥生時代に入ったが、北海道では縄文時代の生活スタイルが続く(続縄文時代)。ドローンによる空撮はこちら

Bebop2_201708231441491

« 日本の歴史① 日本史誕生 | トップページ | ビジュアル版 逆説の日本史2 古代編㊦ »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/65888415

この記事へのトラックバック一覧です: 静内御殿山墳墓群:

« 日本の歴史① 日本史誕生 | トップページ | ビジュアル版 逆説の日本史2 古代編㊦ »