2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ナイト&デイ | トップページ | 一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する »

2017年10月26日 (木)

環境省・星空観察の推進について

 環境省が星空観察の推進策を発表した。その趣旨は、星空観察を通じて光害(ひかりがい)や大気汚染に気づき、環境保全の重要性について関心を深めてもらうこと、また良好な大気環境や美しい星空を地域資源(観光や教育)としても活用してもらうことをめざすというもので、有識者による検討会で策定したものだ。その一つに、全国各地から肉眼、またはデジタルカメラによる観察でどれくらい暗い星が見えるかを報告してもらい、夜空の暗さをランキング化しようという試みがあり、この冬から参加を呼びかけるということだ。衛星写真でもわかるように、北海道は札幌周辺を除けば光害は比較的少ない方だが、人口2万人ちょっとの町でも、光害による影響は大きい。ぼくが天体写真撮影をするのは街灯や民家がない山の上だが、市街地の方向は明るくて撮影には適さない。光害を減らそうという動きが出るといいのだが。

107250

« ナイト&デイ | トップページ | 一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/65964531

この記事へのトラックバック一覧です: 環境省・星空観察の推進について:

« ナイト&デイ | トップページ | 一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する »