« 電磁気学 | トップページ | 熱力学 »

2017年6月 8日 (木)

振動と波動

 振動と波動は物理学の全般にわたって現れる重要な現象だ。そのため、大学1年か2年のときに、力学や電磁気学と並行して独立した講義があった。ぼくが大学生のときの教科書は寺沢徳雄の「振動と波動」という本で、岩波全書の1冊(いまは物理テキストシリーズ第7巻)だった。振動と波動を数式で表すと、必ず出てくるのが三角関数だ。三角関数のグラフを思い浮かべるとわかると思うが、振動と波動は周期的に同じような現象を繰り返すということだから、三角関数で表現できるのだ。さらに、三角関数は虚数iを使うと指数関数で表される。かの有名なオイラーの公式だが、実に神秘的だ。

Img_0315

« 電磁気学 | トップページ | 熱力学 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/65384494

この記事へのトラックバック一覧です: 振動と波動:

« 電磁気学 | トップページ | 熱力学 »