2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« チタン | トップページ | キャノンPowerShot G9 X Mark Ⅱ ① »

2017年6月 1日 (木)

虹の解体

 アイザック・ニュートンが光をプリズムで7色に分解し、虹の正体を明らかにしたとき、詩人のジョン・キーツはニュートンを非難したという。「虹の持つ詩情を破壊した」と。虹という神秘的な現象の仕組みを科学が解明したことによって、虹の神秘性が失われてしまったという趣旨だろう。一方で、科学に対しては、役に立つかどうかという、実利的な面ばかりに注目する向きもある。イギリスの生物学者リチャード・ドーキンスはの書いた著書「虹の解体」は、科学に対するそのような見方を一刀両断にし、科学に対する純粋なセンス・オブ・ワンダー(畏敬の念)こそが、科学の最大の魅力であると説く本だ。テーマはドーキンスの本業である生物学・進化学のみならず、物理学や天文学にも及ぶ。本書の中でも言及されているが、ドーキンスは科学の啓蒙に努めたカール・セーガンに大きな影響を受けたようで、それがこの本を執筆する動機となったようだ。ライバルであるスティーヴン・ジェイ・グールドとの論争も見物だ。

Img_1981

« チタン | トップページ | キャノンPowerShot G9 X Mark Ⅱ ① »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/65354887

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の解体:

« チタン | トップページ | キャノンPowerShot G9 X Mark Ⅱ ① »