« 大英自然史博物館② | トップページ | 大英自然史博物館③ »

2017年3月25日 (土)

守谷城址

 平将門が生まれ育ったのは下総国(しもうさのくに)相馬郡、現在の取手市周辺と言われているが、守谷市にも多くの伝説が残されている。その一つ、守谷城は将門が建てた城ということになっているが、実際には将門の叔父 良文の子孫である相馬氏の居城であったようだ。良文は国香や良兼、良正ら将門を寄ってたかってイジめたおじらの中で、唯一将門の味方だったとされ、将門死後その領地を与えられている。この良文の子孫は大繁栄し、鎌倉幕府の有力御家人も数多く輩出しているが、そこには将門の娘を通じて将門の血も入っていると言われている。千葉、秩父、河越(川越)、江戸、渋谷、三浦、鎌倉などの姓はみな良文流平氏だ。

Img_0097

« 大英自然史博物館② | トップページ | 大英自然史博物館③ »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/65063245

この記事へのトラックバック一覧です: 守谷城址:

« 大英自然史博物館② | トップページ | 大英自然史博物館③ »