2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 守谷城址 | トップページ | 海禅寺 »

2017年3月26日 (日)

大英自然史博物館③

 モアは新生代中新世〜完新世にニュージーランドに生息していた鳥類で、飛ぶことはできないが、史上最大の鳥類だったと考えられている。この全身骨格は500年前のもので、絶滅寸前に生きていたモアなんだろう。モアの骨の一部が見つかったとき、これを鳥類の大腿骨だと見抜いたのはイギリスの生物学者リチャード・オーウェンで、その4年後に多数の骨が発見され、オーウェンの予言が正しかったことが証明された。ちなみに、オーウェンは「恐竜(ダイナソー)」の名付け親でもある。

Img_0022

« 守谷城址 | トップページ | 海禅寺 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/65067256

この記事へのトラックバック一覧です: 大英自然史博物館③:

« 守谷城址 | トップページ | 海禅寺 »