2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« シュッツ 相対論入門 | トップページ | コロニー5 »

2017年2月18日 (土)

アインシュタイン論文集 「奇跡の年」の5論文

 物理学史では、1905年は「奇跡の年」として知られている。この年、26歳だったアルベルト・アインシュタインは、5本の重要な論文を書き上げるのだ。ここから、20世紀物理学の2大理論である相対性理論と量子力学がめざましい発展を遂げていく。相対性理論の幕開けとなったのは、「運動物体の電気力学」という論文で、その後特殊相対性理論の有名な公式E=mc2の発見や一般相対性理論の確立へとつながっていく。また、光量子仮説に関する論文は、マクスウェルの理論だけでは説明のつかない光の性質を解き明かし、その後の量子力学の発展につながっていく。「アインシュタイン論文集 『奇跡の年』の5論文」は、26歳の若きアインシュタインが書いたこれらの歴史的な論文を解説した本だ。

Img_3094

« シュッツ 相対論入門 | トップページ | コロニー5 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/64907649

この記事へのトラックバック一覧です: アインシュタイン論文集 「奇跡の年」の5論文:

« シュッツ 相対論入門 | トップページ | コロニー5 »