2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« バラ星雲 | トップページ | コーン星雲 »

2017年1月19日 (木)

カプリコン・1

 1977年の映画「カプリコン・1」は、NASA陰謀論をテーマにしたフィクションだ。人類初の有人火星探査機カプリコン・1は、打ち上げ直前に生命維持装置の致命的欠陥が明らかになったため、極秘のうちに3人のクルーを降ろし、無人のまま打ち上げられた。3人は砂漠の真ん中にある軍の古い基地に連れて行かれたが、ここには火星の地表と着陸船のセットが用意されていた。NASA高官は、計画を中止すると予算が大幅に削減されるおそれがあると考え、大芝居を打とうとしたのだ。家族を人質に取られたクルーは渋々命令に従い、火星着陸の演技もうまくいくが、本物のカプリコン・1が地球帰還時に破壊され、NASAはクルーは全員死亡したと発表せざるを得なくなった。こうなると当然、3人のクルーは消されるしかないだろう。というわけで、必死の逃走劇が始まる。2人は捕らえられ、最後の1人も捕らえられそうになるが、計画に疑問を抱いていた新聞記者の助けもあって、自らの葬儀の最中に「帰還」を果たすのだった。ちなみに、Capricornとはやぎ座のことで、かつて冬至点がやぎ座にあったことから、南回帰線はTropic of Capricornという。

517caqy5qbl

« バラ星雲 | トップページ | コーン星雲 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/64781692

この記事へのトラックバック一覧です: カプリコン・1:

« バラ星雲 | トップページ | コーン星雲 »