2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« チャイナタウン | トップページ | ザ・コンサルタント »

2017年1月30日 (月)

おおぐま座の銀河M109

 おおぐま座のM109は、フランスの天文学者シャルル・メシエによるメシエ・カタログの109番にリストアップされた天体だが、実際にはメシエは詳しい場所を記しておらず、後になってから収録された。現在、M109とされているのはこの写真の上の方にある棒渦巻銀河NGC3992だ。下の方にあるNGC3953も棒渦巻銀河で、これもM109の候補となった。今なら写真撮影によって見分けることは簡単だが、メシエ(1730-1817)の時代はカメラもなかったので、カタログ作成も大変だったろう。銀河系からの距離はいくつか推定値があるが、実は宇宙の中で距離を測るというのは非常に難しい。遠くの銀河の場合、ときどき現れる超新星をもとに推定する。ある種の超新星は、絶対的な明るさが同じなので、見かけの明るさからおおよその距離がわかるのだ。
2016年12月31日撮影 キャノンEOS60Da+ミニボーグ60ED+レデューサー0.85×DG、180秒×3枚コンポジット

Img_144514471

« チャイナタウン | トップページ | ザ・コンサルタント »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/64827900

この記事へのトラックバック一覧です: おおぐま座の銀河M109:

« チャイナタウン | トップページ | ザ・コンサルタント »