2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ケニー・ベイカー | トップページ | ブラック・スキャンダル »

2016年8月16日 (火)

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

 バットマンとスーパーマンはご存じアメリカの2大スーパーヒーローだが、これを連載していたDCコミックは、他のスーパーヒーローも加えた「ジャスティス・リーグ」を結成させ、大人気となった。一方、映像化作品の方は、2006年の「スーパーマン リターンズ」と2012年の「ダークナイト ライジング」で一区切りついていたが、2013年に「マン・オブ・スティール」でスーパーマンシリーズがリブートされ、新たな物語が始まっていた。最新作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は、バットマンとスーパーマンの対決からジャスティス・リーグ誕生までを描いた作品だ。スーパーマンことクラーク・ケント(ヘンリー・カヴィル)は正義のために戦っているのだが、その力があまりにも強大なため、一般市民が巻き添えになったりして、一部では危険視する人たちも出てくる。その一人がバットマンことブルース・ウェイン(ベン・アフレック)であり、バットマンは平和を守るためにはスーパーマンを倒さなければならないと思い詰めてしまう。世界征服を企むスーパーマンの宿敵レックス・ルーサーは、こうした状況を利用し、バットマンとスーパーマンを対決させる。もちろん、バットマンといえどもスーパーマンの力にはまったくかなわないが、スーパーマンにはクリプトナイトという弱点があり、バットマンはスーパーマンを追い詰める。いよいよとどめを刺そうとしたとき、スーパーマンがつぶやいた一言によって、バットマンはスーパーマンの本心を知り、ともに真の敵との戦いに向かうのだった。そうか、ブルースもクラークも、母親は同じ名前だったなぁ。初登場のワンダーウーマンはほとんど身の上話がなかったが、戦闘シーンではいきなり大活躍、スーパーマンに勝るとも劣らない戦闘力を発揮していた。

918wbhud3l_sl1500_

« ケニー・ベイカー | トップページ | ブラック・スキャンダル »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/64066565

この記事へのトラックバック一覧です: バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生:

« ケニー・ベイカー | トップページ | ブラック・スキャンダル »