2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« タカハシEMー11 Temma2Z | トップページ | 大人のための数学① 数と量の出会い »

2016年7月11日 (月)

科学の発見

 アメリカの物理学者スティーヴン・ワインバーグは、「宇宙創成はじめの三分間」など一般向けの本でも有名な現代物理学界の大御所だ。そのワインバーグの最新刊「科学の発見」は、テキサス大学での講義を元にしたものだが、アメリカでは刊行直後に論争を巻き起こし、最近は日本の新聞の書評でもよく取り上げられている。本書が批判されたのは、現在の基準で過去を裁くのは禁じ手だという趣旨からで、確かに科学的方法が確立する前の時代の「科学」や「科学者」を断罪してもしょうがないような気はする。にもかかわらず、なぜワインバーグはわざわざこの本を書いたのか。ワインバーグは、年を経るにつれて科学史に対する関心が深まったそうで、科学史上のヒーローたちの過ちを研究しているうちに、現代科学の発見がどれほど困難だったかを再認識したという。科学にとって歴史の転換点となったのは、16〜17世紀、天文学が舞台だった。望遠鏡が発明されたこともあって、太陽系の謎がついに解明されたのだ。望遠鏡で木星を見ると、木星の回りを4つの衛星が回っているのが見えるが、注意深い観測により、惑星の運動を正しく説明する法則が発見されたのだ。現在、木星の4つの衛星は「ガリレオ衛星」、惑星の運動法則は「ケプラーの法則」と呼ばれている。その1世代後にニュートンが登場、科学革命はクライマックスを迎える。

Img_2989

« タカハシEMー11 Temma2Z | トップページ | 大人のための数学① 数と量の出会い »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63899789

この記事へのトラックバック一覧です: 科学の発見:

« タカハシEMー11 Temma2Z | トップページ | 大人のための数学① 数と量の出会い »