« ジオパーク秩父② | トップページ | ジオパーク秩父④ »

2016年6月19日 (日)

ジオパーク秩父③

 埼玉県長瀞渓谷の岩畳の対岸は、荒川の侵食によって急な崖になっていて、「三国志」の舞台ともなった中国・長江の赤壁(せきへき、レッドクリフ)の名前を取って、秩父赤壁と呼ばれている。地層の中に赤い部分があれば、そこには鉄があることが多い。地球の構造は地表、地殻、マントル、核に分かれているが、核の主要成分は鉄とニッケルだと考えられていて、地球にはたくさんの鉄がある。これらの鉄は、もともとは恒星内部で核融合によってつくられたものだ。これが超新星爆発などによって宇宙にばらまかれ、地球の材料になった。もちろん、われわれの体もこうしてできた原子からできている。

Img_3050

« ジオパーク秩父② | トップページ | ジオパーク秩父④ »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63799269

この記事へのトラックバック一覧です: ジオパーク秩父③:

« ジオパーク秩父② | トップページ | ジオパーク秩父④ »