2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« J・エドガー | トップページ | 寒い国から帰ったスパイ »

2016年6月13日 (月)

エージェント:ライアン

 トム・クランシー原作のCIAエージェント「ジャック・ライアン」シリーズは、これまでに5度映画化され、ハリソン・フォードらがライアンを演じている。最新作「エージェント:ライアン」は、ライアンが海兵隊退役後CIAエージェントになり、ロシアの実業家による大規模テロ計画を阻止するというストーリーだ。ライアンを演じるのは「スター・トレック」のカーク船長役クリス・パインで、ケヴィン・コスナーがCIA高官ウィリアム・ハーパー役で出演している。ライアンは表向きはウォール街の投資銀行に籍を置き、テロ資金の動きを見張る情報分析アナリストなのだが、テロ計画を察知したことにより、モスクワに送り込まれる。しかも、出迎えの男にいきなり殺されそうになるが、海兵隊出身ということで、何とか敵を撃退する。ハーパーもライアンをただの机上のアナリストではなく、現場で使える人間だと見ていたのだろう。それにしても、IT技術を駆使して、必要な情報は何でも瞬時に引き出す現代のCIAはすごい。サイフも簡単にスっちゃうし。

91ue0wofswl_sl1500_

« J・エドガー | トップページ | 寒い国から帰ったスパイ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63770687

この記事へのトラックバック一覧です: エージェント:ライアン:

« J・エドガー | トップページ | 寒い国から帰ったスパイ »