2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー | トップページ | デューン/砂の惑星 »

2016年5月18日 (水)

フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる地球科学

 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震以降、各地で地震や噴火がひっきりなしに発生している。歴史を振り返ると、9世紀の日本も地震と噴火が多かったそうだ。869年には東北地方でM8.3以上の貞観(じょうがん)地震が発生、878年には関東地方でM7.4の相模・武蔵地震が、887年には南海トラフ沿いでM8.0〜8.5の仁和(にんな)地震が起きている。また、この時期、富士山や阿蘇山、鶴見岳、鳥海山、開聞(かいもん)岳、十和田火山が噴火した。どうやら、日本列島は1000年ぶりの「大地変動の時代」に突入したのかもしれない。日本の地球科学者鎌田浩毅・西本昌司の「フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる地球科学」は、地球科学のわかりやすい解説本だが、著者が言うとおり、大地変動の時代を生き延びるためにも読んでおくべきかも。

Img_2988

« CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー | トップページ | デューン/砂の惑星 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63648774

この記事へのトラックバック一覧です: フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる地球科学:

« CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー | トップページ | デューン/砂の惑星 »