« ボーン・アルティメイタム | トップページ | グリーン・ホーネット »

2016年5月31日 (火)

火星最接近

 今日は火星が地球に最接近する。火星と地球は2年2ヶ月毎に最接近するが、地球の軌道が円に近いのに対し、火星の軌道は楕円なので、同じ「最接近」という言い方でも距離は同じではない。楕円が円とどれくらい近いか(または遠いか)を表すには離心率という数値を使うが、地球の離心率が0.01で0(=真円)に近いのに対し、火星の離心率は0.09とちょっと大きい。2年2ヶ月毎の最接近時の距離も、最も近いときで6千万㎞(これが「大接近」)、最も遠いときで1億㎞まで大きく変化する。今回の距離は7.5千万㎞で、大接近ほどではなく、「中接近」といったところだ。国立天文台HPにわかりやすい図があるので、これを見るといいだろう。火星はいま、さそり座の1等星アンタレスの近くにあり、南の夜空で明るく輝いているので、すぐに見つけられる。ただ、ある程度大きな望遠鏡じゃないと小さな点にしか見えない。新聞やテレビでも大きく報道しているが、これらは大きな望遠鏡による写真を使っていることが多いので、こんなに大きく見えるんだ〜と思うとガッカリするかもしれない。

Topics03s

« ボーン・アルティメイタム | トップページ | グリーン・ホーネット »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63709293

この記事へのトラックバック一覧です: 火星最接近:

« ボーン・アルティメイタム | トップページ | グリーン・ホーネット »