2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ボーン・スプレマシー | トップページ | フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる地球科学 »

2016年5月17日 (火)

CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー

 アーサー・C・クラークのSF小説「幼年期の終り」は、ぜひとも映画化してほしいと思っていた作品だが、アメリカのケーブルテレビSyfyが昨年末、全3話のテレビドラマとして映像化してくれた。そしてつい最近、ようやく日本でも、「CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー」というタイトルで、AXNが全6話の放送を開始した。今回のドラマでは、オーバーロードの代表カレルレンに人類の代表として指名されるストルムグレンが、国連事務総長ではなく一介の農民になっている。全6話を見るのにこれから1ヶ月かかるが、どんな作品になっているのかとっても楽しみだ。

Programtopchildhoodsend

« ボーン・スプレマシー | トップページ | フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる地球科学 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63643638

この記事へのトラックバック一覧です: CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー:

« ボーン・スプレマシー | トップページ | フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる地球科学 »