2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 下仁田ジオパーク① | トップページ | 下仁田ジオパーク③ »

2016年5月 1日 (日)

下仁田ジオパーク②

 群馬県下仁田町には、中央構造線が地表に露出する「川井の断層」がある。中央構造線は関東から九州まで続く大断層で、衛星写真で見ると関東より西の方はよくわかるが、関東ではよくわからなくなっている。これは、断層の上に火山噴出物が堆積したためだ。川井の断層は中央構造線がよく見える関東では珍しい場所だ。川の上流(向かって右側)は2000万年前の浅い海でたまった砂岩で、貝の化石なども見つかる地層だ。下流側は、地下深部で変成作用を受けた緑色片岩(りょくしょくへんがん)の地層で、中央構造線の南側はこのような変成岩が分布する変成岩帯になっている。

Img_2905

« 下仁田ジオパーク① | トップページ | 下仁田ジオパーク③ »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63563253

この記事へのトラックバック一覧です: 下仁田ジオパーク②:

« 下仁田ジオパーク① | トップページ | 下仁田ジオパーク③ »