2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日本の地質構造100選 | トップページ | CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー »

2016年5月16日 (月)

ボーン・スプレマシー

 CIAの「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが活躍する映画「ボーン」シリーズ第2作「ボーン・スプレマシー」では、マリーとともにインドで平和な日々を過ごすボーン(マット・デイモン)に再び危険が迫る。記憶が戻らないまま謎の暗殺者に狙われ、マリーを殺されたボーンは、ベルリンで起きたCIAエージェント殺害現場に指紋が残されていたことにより、CIAにも追われることになる。CIAで作戦の指揮を執るのはパメラ・ランディという女性捜査官だが、彼女もトレッドストーン計画のことは知らない。どうやらすべての黒幕がボーンに濡れ衣を着せて消してしまおうということらしい。トレッドストーン計画によって生み出された暗殺者第1号であるボーンは頭脳も戦闘能力も全開で、さすがのCIAもほとんど子ども扱いだ。真相を明らかにしたボーンは、暗殺者としての自らの罪も知り、両親を殺された女性に謝罪するのだった。

51my9g90zzl

« 日本の地質構造100選 | トップページ | CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63639401

この記事へのトラックバック一覧です: ボーン・スプレマシー:

« 日本の地質構造100選 | トップページ | CHILDHOOD’S END ー幼年期の終りー »