2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 相対性理論入門 | トップページ | ディラック現代物理学講義 »

2016年4月25日 (月)

物理学に生きて

 1968年夏、イタリア・トリエステの国際理論物理学センターで、20世紀物理学の巨人たちによる連続講演が行われた。ヴェルナー・ハイゼンベルク、ポール・ディラック、ハンス・ベーテらによる講演は、現在では「物理学に生きて」という文庫本で読むことができる。ハイゼンベルグは量子力学に大きく貢献し、その名は「ハイゼンベルクの不確定性原理」という原理にも残っている。不確定性原理をめぐっては歴史的に激しい論争があったが、「神はサイコロを振らない」というアルベルト・アインシュタインの有名な言葉も、不確定性原理に関するものだ。ベーテは、恒星の内部で発生するエネルギーが核融合によるものであることを明らかにしたが、マンハッタン計画でも重要な役割を演じた。ちなみに、このときロスアラモス国立研究所には若きリチャード・ファインマンもいたが、ベーテはファインマンを大いに気に入ったようだ。

Img_2856

« 相対性理論入門 | トップページ | ディラック現代物理学講義 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63534296

この記事へのトラックバック一覧です: 物理学に生きて:

« 相対性理論入門 | トップページ | ディラック現代物理学講義 »