2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 外務省の桜 | トップページ | コラテラル »

2016年3月24日 (木)

ダ・ヴィンチ・コード

 ジョージ・ルーカスの出世作「アメリカン・グラフィティ」で主役級の高校生を演じたロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演による映画「ダ・ヴィンチ・コード」は、イエス・キリストの聖杯伝説をめぐる問題作だ。聖杯をめぐる映画としては「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」もおもしろいが、本作では聖杯の「真実」として驚くべき物語が語られる。ハーバード大学のロバート・ラングドン教授(ハンクス)はパリ訪問中、ルーヴル美術館館長殺害事件の容疑者として警察にマークされる。ラングドンは館長の孫と名乗る警察の暗号解読官ソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)の助けを得て、殺人事件の真相を解明するため、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵に隠された謎を追う。次々と浮上する謎を解き明かしながら、ラングドンとヌヴーがたどり着いた「真実」は、歴史がひっくり返るようなものだった。ぼくはキリスト教には詳しくないので、なかなかピンとこないところもあったが、息詰まる展開には思わず吸い寄せられた。ただ、結末が結末だけに、教会などからは強い非難があったそうだ。

71pxuvlxful_sl1000_

« 外務省の桜 | トップページ | コラテラル »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63389106

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード:

« 外務省の桜 | トップページ | コラテラル »