2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 目に見えないもの | トップページ | 鏡の中の物理学 »

2016年3月27日 (日)

場の理論のはなし

 場というのは物理学ではとても重要な概念だ。質量のある物体が2つあった場合、それらは互いに引力を及ぼす。また、電荷を帯びた物体が2つあったばあい、どちらもプラス(またはマイナス)であれば斥力を、プラスとマイナスであれば引力を及ぼす。これを、離れた物体どうしが直接的に力を及ぼすと考えるのではなく、物体がある場所の性質が変わり、それが次々と回りの空間に伝わって、もう一つの物体に力を及ぼすというのが場の考え方だ。力学や電磁気学、量子力学、相対性理論などは、どれも場の理論として記述される。湯川秀樹の「場の理論のはなし」は、1949年に刊行された「続・理論物理学講話」に江沢洋が手を加えた改訂版で、「理論物理学講話」の復刻版である「理論物理学を語る」の続編だ。

Img_2842

« 目に見えないもの | トップページ | 鏡の中の物理学 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63404044

この記事へのトラックバック一覧です: 場の理論のはなし:

« 目に見えないもの | トップページ | 鏡の中の物理学 »