2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

午王山遺跡

 縄文時代、気候が温暖化し、海水面が今より高い時代があった(縄文海進)。この時代、東京湾は今の埼玉県内にも深く入り込んでいて、荒川流域は古入間湾という湾になっていたようだ。こうした理由で、当時の海岸線に当たる場所には貝塚などの遺跡が点在している。埼玉県和光市の午王山(ごぼうやま)遺跡は、標高25mの高台にあり、旧石器時代から中世までの複合遺跡だが、特に弥生時代の環濠集落として知られている。今は畑の中に案内板がポツンと1枚あるだけだが、発掘調査では弥生時代の住居跡が150件以上も発見されたそうだ。

Img_2762

2016年2月28日 (日)

小石川植物園貝塚

 日本で初めて貝塚の発掘調査を行ったのは1877年、お雇い外国人として来日したエドワード・S・モースが大森貝塚を発掘調査したのがそうだが、モースがその次に発掘調査したのは小石川植物園の貝塚だったそうだ。本郷台地上にある白山上から植物園に向かうと、いったん標高が下がり、白山下からまた標高が上がって高台にある植物園に達するが、縄文時代は今の白山通りなどは海だったようだ。植物園の近くには網干坂という坂があるが、ここで漁師が網を干したという言い伝えもあるらしい。残念ながら、それらしきものは何もなく、地面にブルーシートがかけられているだけだった。大学の施設なんだから、遺跡は大切にしてほしいものだ。

Img_2755

2016年2月27日 (土)

お茶の水貝塚

 文京区湯島の東京医科歯科大学の構内に、お茶の水貝塚がある。今は記念碑が残るだけだが、地下鉄丸ノ内線御茶ノ水駅の工事の際には、ハマグリなどの貝類のほか、動物の骨や石器・土器、人骨なども発見されたそうだ。このあたりは本郷台地の南端近くにあたり、縄文時代にはすぐ近くまで海岸線が迫っていたのだろう。本郷界隈は、実際に歩いてみるとけっこうな高低差があり、坂が多い。かつて多くの文人が住んでいたのも、こうした雰囲気が好まれたためだろうか。

Img_2751

2016年2月26日 (金)

東山貝塚

 目黒区東山には、旧石器時代から古墳時代までの遺跡があり、大規模な集落だったと考えられている。近くを流れる目黒川は、縄文時代は海だったと考えられているので、このあたりはちょうど海岸線だったのだろう。また、縄文海進が終わって海岸線が離れていった後も目黒川が残ったので、生活には適していたのだろう。東山貝塚公園には竪穴式住居が復元されているが、公園の奥に崖があり、この崖から貝塚が、崖の上の台地から土器・石器や住居跡が発掘されたそうだ。竪穴式住居の中では親子3人が仲良く暮らしているが、当時はもっと大家族だっただろう。

Img_2745

2016年2月25日 (木)

西久保八幡貝塚

 港区虎ノ門の西久保八幡神社には、縄文時代後期の貝塚がある。このあたりは場所によってけっこうな高低差があるが、西久保八幡神社は台地上にあり、国道1号である桜田通りからは急階段を登るようになっている。縄文時代には今より海水面が高い時代があり、当時桜田通りも海だったのだろう。1983年に学術調査が行われ、本殿裏手のわずかな範囲であるにもかかわらず多数の土器が発見されたそうだ。また、魚介だけでなく、動物の骨もたくさん見つかったという。西久保八幡神社の崖下には駐車場があり、ここから見ると地形がよくわかる。このあたりは我善坊(がぜんぼう)谷と呼ばれるが、再開発が止まっているのか、空き家が目立った。

Img_2735

2016年2月24日 (水)

丸山貝塚

 港区芝公園には現存する芝丸山古墳をはじめ10基程度の古墳群があったようだが、ここには貝塚も残っている。学術調査が行われていないので、正確なところはわからないが、ハイガイ・ハマグリなどの海水産の貝殻と土器片が発見されていて、縄文時代後期の貝塚だと考えられている。ここに貝塚があるということは、縄文海進によりこのあたりにも海岸線が入り込んでいたということだろう。丸山貝塚の近くには伊皿子貝塚もあり、発掘調査が行われた結果、これも縄文時代後期の貝塚だと判明した。もしも同時代の遺跡ならば、人の行き来もあったのかもしれない。

Img_1743

2016年2月23日 (火)

ベイジル・ラスボーン版シャーロック・ホームズ

 シャーロック・ホームズを演じた俳優は数多いが、第2次世界大戦中のアメリカで人気を博したのがベイジル・ラスボーンだ。そのラスボーン主演のシャーロック・ホームズシリーズ第1作「バスカヴィル家の犬」では、ナイジェル・ブルース演じるジョン・ワトソンとともに、イギリス・ダートムーアの荒れ地を舞台にバスカヴィルの魔犬の謎を追う。残念ながら、1939年と古い作品なので、原作では火を吐く魔犬のところが、演じているのは普通の猛犬?だ。BGMもほとんどなく、静かな展開だが、白黒映画なのもあっておどろおどろしい雰囲気はよく出ている。ダートムーアは3億年前の石炭紀にできた花崗岩で覆われ、特徴のある岩石が多数転がっているほか、ストーン・サークルや新石器時代の遺跡もあることから、一度行ってみたい場所だ。

71s1rr3kaal_sl1114_

2016年2月22日 (月)

日本経緯度原点

 港区麻布台、ロシア大使館の裏にある日本経緯度原点は、かつて東京天文台(現国立天文台)があった場所だ。1888年(明治21年)、東京天文台がここに建設され、ドイツ製のレプソルド子午儀が設置された。子午儀というのは特殊な天体望遠鏡で、子午儀を使って星の南中時刻を観測することで、その土地の位置や時刻を正確に決めることができる。今なら人工衛星を使って地球の精密な測定ができるが、昔はこうしていたのだ。レプソルド子午儀は現在、三鷹の国立天文台で保存されていて、いつでも見学することができる。日本経緯度原点の数値は、だいたい東経139度44分28秒、北緯35度39分29秒だが、2011年の東北地方太平洋沖地震による地殻変動で27㎝も東に移動したそうだ。

Img_2716

2016年2月21日 (日)

スパイ・ゲーム

 ロバート・レッドフォードとブラッド・ピット主演の映画「スパイ・ゲーム」は、スパイは非情なゲームだという冷酷非情なCIAエージェントが、引退の日、自分のやり方に反発し去って行ったかつての部下を救うため、最後のゲームを仕掛けるというストーリーだ。ネイサン・ミュアー(レッドフォード)は引退の前日、トム・ビショップ(ピット)が中国で逮捕され、まもなく処刑される予定であることを知る。ミュアーはCIAの許可なく蘇州の刑務所に侵入し、そこに拘束されているイギリス人女性エリザベス・ハドレーを救出しようとしたのだ。ここから話は過去にさかのぼり、ミュアーとビショップのベトナムでの出会い、西ドイツでの仕事、レバノンでの仕事などが描かれる。しかし、目的達成のためには協力者を犠牲にするのもいとわないミュアーのやり方にビショップは反発し、レバノンでの仕事を最後に2人は袂を分かってしまう。そもそもハドレーが蘇州刑務所にいるのもミュアーのせいなのだが、それが後ろめたかったのか、あるいはビショップのことが本当に心配だったのか、ミュアーは全財産をなげうち、CIA長官になりすまして米軍特殊部隊にビショップを救出させるというとんでもないことまでやってしまう。まあハチャメチャと言えばハチャメチャなのだが、こんな凄腕エージェントを引退させるのももったいないなぁという感じだ。

51hpf9020kl

2016年2月20日 (土)

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

 ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマン主演の「SHERLOCK」シリーズの映画「SHERLOCK 忌まわしき花嫁」は、現代ではなく、ヴィクトリア時代のロンドンが舞台だ。エミリア・リコレッティという女性がウエディング・ドレスをまとった姿で発狂し、銃を乱射した末に自らの頭を吹っ飛ばして自殺するのだが、その幽霊?がロンドンを徘徊し、夫を殺す。ホームズとワトソンは、その後も次々と起きる殺人事件の真相究明に挑むが、それは実に意外なものだった。しかも、このストーリーそのものが、シャーロックのマインド・パレス(精神の宮殿)の中の話だった。というわけで、テレビドラマ「SHERLOCK」シリーズ3からうまく話がつながるようになっている。「SHERLOCK」シリーズはコナン・ドイルの原作(正典)のオマージュが数多く取り入れられているが、本作でも「オレンジの種五つ」のプロットや「Elementary,my dear Watson(基本だよ、ワトソン君)」などの有名なセリフが使われている。マイクロフトも原作に近い肥満体で登場する。ちなみに、正典では、ホームズはワトソンと出会った当初、地動説を知らないと言うが、これはワトソンをからかっただけだと考えられていて、後には黄道傾斜度変化の原因について論ずることがある。

4lrmdz2zh7mdvc8m8yp2utrhfp58yz2o7m5

2016年2月19日 (金)

自然科学者のための数学概論

 日本の物理学者・数学者 寺沢寛一の著書「自然科学者のための数学概論」は、「テラカンの数学概論」として有名な本だ。初版が昭和初期という歴史ある本で、数学者ではなく自然科学者のための、応用数学と言われる分野について解説している。高木貞治の「解析概論」もそうだが、かつては「関数」のことを「函数」と表記していたので、大学生になって初めてこれらの本を手に取ったときは?と思ったが、当然内容は難しい。しかし、非常に立派な本なので、長年にわたって本棚を飾ってもらっている。この本を読むのはまだまだ先、もっとやさしい本で勉強してからだが、いつになることやら。

Img_1241

2016年2月18日 (木)

ヒッグス

 素粒子の標準模型のうち、最後まで発見されなかったのがヒッグス粒子だ。ヒッグス粒子は自然界に存在する基本粒子の一つだが、他の基本粒子とはまったく違うタイプの粒子だ。他の基本粒子には、大きく分けて2つのタイプがある。一つは電子やクォークなどの物質粒子で、もう一つは物質粒子の間に働く力を運ぶ粒子だ。ヒッグス粒子は、空間を満たすヒッグス場から生まれるが、このヒッグス場が質量を生み出している。ヒッグス粒子を追う研究は、半世紀前から始まっているが、ヒッグス粒子発見のため建設されたのが欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)だ。LHCは2008年に完成し、運転を開始したが、9日後にトラブルが発生、復旧までには1年を要した。そして運転再開から2年後の2012年、ヒッグス粒子らしき新粒子がついに発見された。アメリカの物理学者ショーン・キャロルが書いた「ヒッグス」は、ヒッグス粒子を追い続けた物理学者たちのドラマと、ヒッグス粒子を超えたところに広がる新しい世界について述べた本だ。

Img_1145

2016年2月17日 (水)

ローマの休日

 ぼくの好きな映画のジャンルはかなり偏っていて、普段はアクション・SF映画ばかり観ているのだが、ひかりTVで「ローマの休日」をやっていたので、名作と言われているから一度くらいは観てみようと思い、鑑賞してみることにした。決してぼくの趣味に合うわけではないが、実際に観てみると確かに名作だなぁという感じだ。まず、何と言ってもオードリー・ヘップバーンが魅力的だ。王女という重い責任の立場から現実逃避し、普段は決して経験できないような楽しい休日を過ごし、そしてまた王女に戻っていくときの凜とした姿が美しい。白黒映画ながら、王女と新聞記者ジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)が走り回るローマの風景もいい。行方不明となった王女を探すため、母国の情報部員がいかにもという服装で歩き回るのもご愛敬だ。これもスパイ映画と言えばスパイ映画か?

51ouhqycchl

2016年2月16日 (火)

アメイジング・グレイス

 賛美歌「アメイジング・グレイス」は、ぼくも好きな歌の一つだが、この歌がつくられた背景にどんな物語があったかは実は知らなかった。作詞者はイギリス人のジョン・ニュートンで、ニュートンは18世紀、黒人奴隷貿易で財をなした人物だそうだ。「アメイジング・グレイス」は、ニュートンが後に黒人奴隷貿易に携わったことを深く後悔し、牧師になったときに作詞したという。映画「アメイジング・グレイス」は、当時のイギリス議会で、黒人奴隷制廃止運動のリーダーだったウィリアム・ウィルバーフォースの生涯を描いた伝記映画だ。ウィルバーフォース(ヨアン・グリフィズ)の盟友ウィリアム・ピット首相を演じるベネディクト・カンバーバッチをはじめ、「裏切りのサーカス」や「ハリー・ポッター」、「007」俳優がぞろぞろ出演していて、いかにもイギリス映画だなぁという感じだ。

7196gcz3l_sl1078_

2016年2月15日 (月)

ゴッドファーザー

 映画「ゴッドファーザー」は、イタリア系アメリカ人のドン・ヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)ファミリーが抗争に巻き込まれ、悲劇に見舞われる中で、父親と同じ道には進まないと誓っていた三男のマイケル(アル・パチーノ)に代替わりしていく物語だ。イタリアで家族を殺され、単身でアメリカに渡ってファミリーを築き上げたドンに対し、長男ソニーは短気でちょっとバカっぽいし、次男フレドは弱虫で役立たずなので、物静かなマイケルがファミリーを守ることを決意するが、抗争の中でだんだんと頼もしく、しかし冷酷になっていく。ドンの子ども同然に育てられた弁護士トム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)もファミリーを支え、脇を固める。物語の中で起きるエピソードは実際にあった話を元にしたものも多く、ドンに映画出演のための支援を要請する歌手ジョニーのエピソードは、フランク・シナトラのものだそうだ。ぼく自身、実は今まで観たことがなかったが、実際に観てみると、名作と言われるにふさわしい映画だと思った次第だ。

91ddmwvrfgl_sl1500_

2016年2月14日 (日)

御殿前遺跡

 北区滝野川公園周辺は、旧石器時代から近世にわたる複合遺跡だ。遺跡は埋め戻されたので、現在は案内板とここから出土した弥生式土器のレプリカが展示されているだけだが、けっこう広い公園で、夏には水遊びもできる。現在の東京都は、古代の武蔵国豊島郡、荏原郡、多麻郡にあたるが、このうち豊島郡の郡衙(ぐんが、地方役所)は、御殿前遺跡一帯にあったそうだ。ちなみに、武蔵国国府と多麻郡郡衙は現在の府中市にあったと推定されているが、荏原郡郡衙がどこにあったかは定説がないようだ。

Img_2710

2016年2月13日 (土)

一般相対論の世界を探る

 マサチューセッツ工科大学(MIT)とカリフォルニア工科大学(Caltech)によるLIGO計画のチームが、重力波を直接検出することに成功したと発表した。LIGOチームが観測したのは2つのブラックホールが合体するときに出た重力波で、13億年前に出たものだという。重力波は、アルベルト・アインシュタインが100年前に発見した一般相対性理論からその存在が予言されていたが、これまでは間接的な証拠しかなかった。UT Physicsシリーズの「一般相対論の世界を探る」は、重力波を中心にブラックホールなど一般相対性理論の特徴が顕著に現れるさまざまな宇宙現象を取り上げ、研究の最前線を紹介した本だ。

Img_2705

2016年2月12日 (金)

K−19

 ハリソン・フォードとリーアム・ニーソン主演の映画「K−19」は、旧ソ連の原子力潜水艦K−19が1961年に起こした事故を元にした映画だ。ロシア(旧ソ連)の原子力潜水艦は、最近ではバレンツ海に沈没した「K−141クルスク」が有名だが、K−19は何度も深刻な事故を起こし、「未亡人製造艦」というニックネームをつけられたいわくつきの潜水艦だ。映画「K−19」では、カナダ沖を航行実験中に原子炉の冷却装置にトラブルが発生、大惨事となりかねない中で奮闘するアレクセイ・ボストリコフ艦長(フォード)やミハイル・ポレーニン副長(ニーソン)、乗組員たちの奮闘ぶりを描いている。潜水艦という密閉された空間の中で原子炉にトラブルが発生すると、こんなに恐ろしいことになるという映画だ。

51r8f6402wl

2016年2月11日 (木)

重力波

 マサチューセッツ工科大学(MIT)とカリフォルニア工科大学(Caltech)によるLIGO計画のチームが、重力波を検出したのではないかと話題になっている。まもなく記者会見があるので、ホントかどうか明らかになるだろう。重力波とは、アルベルト・アインシュタインの一般相対性理論から予言されているもので、質量を持った物体が存在すると時空にゆがみができ、この物体が運動をすると、時空のゆがみが光速で伝わっていくというものだ。これまでに間接的な証拠は得られているが、直接検出したことはない。日本でも、岐阜県飛騨市の神岡鉱山の地下深くに建設したKAGRA(大型低温重力波望遠鏡)によって、重力波を直接検出しようという計画がスタートしている。重力波を直接検出するには、超新星爆発など非常に劇的な現象が起きることが必要だ。おうし座にあるかに星雲は、1054年に超新星爆発したときの残骸であることがわかっているが、このときにも重力波が発生したはずだ。
2013年1月7日撮影 キャノンEOS60Da+ミニボーグ45EDⅡ+レデューサー0.85×DG、露出301秒

Img_0149

2016年2月10日 (水)

志茂遺跡

 北区の荒川・隅田川沿いには、弥生時代から古墳時代の遺跡が点在している。縄文時代、このあたりの低地は海だったと考えられていて、海岸線が退いて陸地になってから人が住むようになったのだろう。志茂にある志茂遺跡からは、3世紀前半の土器が発見されているので、少なくともその頃には隅田川沿いに集落ができていたのだろう。志茂遺跡では1994年、志茂東ふれあい館の建設に先立ち発掘調査が行われていて、出土した土器がロビーに展示されている。

Img_2701

2016年2月 9日 (火)

赤羽台遺跡②

 北区赤羽台にある赤羽台遺跡では、先土器時代から縄文時代、弥生時代、古墳時代、奈良時代、平安時代の遺跡が発見されている。星美学園内にある案内板によると、小学校と中高校舎があるあたりは弥生時代の環濠跡、短大があるあたりは古墳時代前期の方形居館跡、幼稚園のあるあたりは古墳群、八幡神社との境界線近くが奈良時代の横穴墓群だ。八幡神社境内からも縄文式土器や弥生式土器が発見されているが、学術調査が行われていないため、詳細は不明だ。

Img_2681

2016年2月 8日 (月)

赤羽台遺跡①

 北区十条台の中央公園文化センター脇に展示されている赤羽台第3号古墳石室は、もとは北区赤羽台の赤羽台遺跡にあったものを移設したものだ。赤羽駅から埼玉方面に向かうと小高い山があり、八幡神社と星美学園があるが、このあたり一帯を発掘調査した結果、先土器時代から縄文時代、弥生時代、古墳時代、奈良時代、平安時代の遺跡がぞろぞろ発見されたそうだ。許可を取って星美学園の敷地内に入ると、ながめのいい場所に古墳群があり、第1号墳の墳丘が残っている。この山の下は縄文時代、海だったと思われるが、海岸線が退いて平地ができてからも、ながめがいいので人が住み続けたのだろうか。

Img_2691

2016年2月 7日 (日)

赤羽台第3号古墳石室

 東北新幹線の工事の際、北区赤羽台の赤羽台古墳群が発掘調査された。その結果、10数基の古墳や横穴墓群(おうけつぼぐん)、多数の竪穴住居跡が見つかったが、そのうち第3号古墳石室が北区十条台にある中央公園文化センター脇に移設され、展示されている。この石室の石は、千葉県鋸山周辺の海岸から運んできたものだそうだ。石室の中には、人骨とともにガラス玉などの装身具、武器などの副葬品もあったという。

Img_2670

2016年2月 6日 (土)

豊島馬場遺跡

 北区豊島の豊島馬場(としまばんば)遺跡は、隅田川沿いの古墳時代前期の遺跡だ。1990年代に発掘調査が行われ、数多くの土器や沓(くつ)、鍬(くわ)、舟のミニチュアなどの木製品、さらには日本最古のガラス小玉鋳型が発見された。その後遺跡は埋め戻され、今は豊島馬場遺跡公園に解説版があるだけだが、この近くの隅田川沿いには他にも遺跡が点在している。

Img_2674

2016年2月 5日 (金)

スリーピー・ホロウ

 ニューヨーク近郊では、スリーピー・ホロウという伝説があるそうだ。開拓時代、ドイツからアメリカに渡ってきた騎士が、数多くの戦いに参戦して兵士を殺戮しまくったが、殺されて首を斬られた後に、首なし騎士として出没、森の中で人々の首を斬るという話だ。これをティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演で映画化したのが「スリーピー・ホロウ」だ。全体的にいかにもバートンというおどろおどろしい展開が続くが、映像はなかなかいい雰囲気だ。俳優陣は、「007」「スター・ウォーズ」「バットマン」「ハリー・ポッター」俳優がゾロゾロ出演していて、みな持ち味を出しているが、とりわけダース・シディアス(イアン・マクダーミド)、ダース・モール(レイ・パーク)、ダース・ティラナス(クリストファー・リー)といったシスの暗黒卿3人がそろって出演しているのもおもしろい。また、「スパイ大作戦」のローラン・ハンド役マーティン・ランドーも出演していて、健在ぶりを見せてくれている(冒頭であえなく殺されるが)。

91yacdkexhl_sl1500_

2016年2月 4日 (木)

西ヶ原一里塚

 江戸幕府は東海道などの街道を整備した際、旅行者の利便性を考え、4㎞毎に一里塚を設置した。北区西ヶ原には、日光御成街道の一里塚が今も残っている。日光御成街道は現在の本郷通りが主要ルートで、その名のとおり将軍が日光東照宮に社参する際の専用街道として使用された。西ヶ原一里塚は、本郷追分の次、二つ目の一里塚だ。一里塚は本来、街道の両側に対で設置されるもので、西ヶ原一里塚は往時の姿を今もとどめている。

Img_2660

2016年2月 3日 (水)

西ヶ原貝塚

 北区の西ヶ原貝塚は、縄文時代後期の貝塚で、今の飛鳥中学校周辺にあったと考えられている。飛鳥山博物館に西ヶ原貝塚の貝層をはぎ取った標本が展示されているが、貝殻だけでなく、動物や魚の骨なども見つかっている。このあたりの住人は、現代人とさして変わらない、さまざまな魚介類や動物の肉を食べていたらしい。また、縄文時代後期はハマグリの貝殻が多いのに対し、縄文時代晩期にはヤマトシジミが大半を占めるようになっている。ヤマトシジミは淡水と海水の混ざったところに生息するので、縄文海進によって関東平野の内部まで入り込んでいた海岸線がこの頃、今の海岸線に向かって退いていったのだろう。

Img_2663

2016年2月 2日 (火)

中里貝塚②

 北区の飛鳥山博物館には、中里貝塚の貝層をはぎ取った標本が展示されている。中里貝塚は縄文時代の水産加工場とも言える貝塚で、幅100m、長さ500m〜1㎞もの広さだ。貝層は厚いところで4.5mにもなる。縄文時代、中里貝塚は浜辺にあったのだろう。博物館内にはこのほか、北区の歴史が時代順に展示されていて、なかなか興味深い。

Img_2665

2016年2月 1日 (月)

中里貝塚①

 北区の中里貝塚は、縄文時代中期〜後期はじめにかけて形成された日本最大級の貝塚だ。しかも、通常の貝塚が生活ゴミ捨て場であるのに対し、中里貝塚は水産加工場だったと考えられている。通常の貝塚だと貝殻以外の動物や魚の骨、壊れた土器なども捨てられるが、中里貝塚は形のそろったハマグリとカキだけが捨てられているからだ。このあたりは当時、海岸線であったと考えられるので、海で獲ってきた貝をここに水揚げし、身だけ取り出していたのだろう。ここは今、ただの広場になっていて、案内板があるだけだが、飛鳥山博物館に行くと、ここの貝塚の貝層をはぎ取った標本が展示されている。

Img_2656

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »