2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« タカハシ赤道儀① | トップページ | プレデター »

2016年1月15日 (金)

タカハシ赤道儀②

 タカハシEMー11とEMー200との比較第2回目は、EMー200について。
②EMー200
 EMー200はEMー11の上位機種で、本体重量16.5㎏とかなり重くなるが、搭載重量は16㎏で、EMー11と比較すると2倍の搭載能力がある。これなら大きめの望遠鏡にカメラ、オートガイダー、オートフォーカサーなどの装置をつけても問題ないだろう。極軸望遠鏡は明視野照明つきの倍率9倍、時角早見スケールつきで、極軸セッティングは簡単そうだ。自動導入の最高速度も700倍速とかなり遅い。しかし、EMー200の本体重量は16.5㎏もあるので、持ち運びは大変だし、クマ出没の際は置き去りにして逃げるしかない(実際にはEMー11でも置き去りにするしかないだろうが)。EMー200はやはり、ある程度ちゃんとした観測小屋を建て、屋内に据え付けるのがいいんだろう。いずれ個人天文台を持ちたいぼくとしては、EMー200はなかなか魅力的だ。ただ、当然価格は高く、43.5万円とEMー11の1.6倍もする。将来もっと本格的な個人天文台を建て、より大きな赤道儀を導入することがあるかもしれないと考えると、EMー200をそのつなぎとするのももったいない気がする。う〜ん、迷うところだなぁ。

Em200t2z

« タカハシ赤道儀① | トップページ | プレデター »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63070580

この記事へのトラックバック一覧です: タカハシ赤道儀②:

« タカハシ赤道儀① | トップページ | プレデター »