2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 冬の天体写真撮影 | トップページ | 宇宙物理学 »

2016年1月27日 (水)

なっとくする相対性理論

 講談社の「なっとくシリーズ』の1冊、「なっとくする相対性理論」は、日本の物理学者松田卓也と二間瀬敏史の共著だ。相対性理論はトンデモ本には人気No.1の分野だが、松田はトンデモ本の研究家としても知られていて、本書のまえがきでもトンデモ本批判を展開している。相対性理論には、特殊相対性理論と一般相対性理論の2つがあるが、いずれもアルベルト・アインシュタインが発見した。前者は難しい数学は使わないが、同時とは何か?などじっくり考えないとよくある誤解にはまってしまう。後者は曲がった時空という概念が出てきて、これを数学的に記述するのにテンソルというものが必要になる。テンソルはかなり難しく、アインシュタインも最初は苦労したそうだ。

Img_2633

« 冬の天体写真撮影 | トップページ | 宇宙物理学 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63124899

この記事へのトラックバック一覧です: なっとくする相対性理論:

« 冬の天体写真撮影 | トップページ | 宇宙物理学 »