2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 平将門首塚 | トップページ | 007「黄金の銃を持つ男」 »

2016年1月 5日 (火)

007「女王陛下の007」

 イアン・フレミングの小説007シリーズ「女王陛下の007」は、ジェームズ・ボンドが結婚するというちょっと異色のストーリーで、2代目ボンド ジョージ・レーゼンビー主演で映画化された。今回復刻されたさいとう・たかお版「女王陛下の007」は、ほとんどオリジナル作品で、ボンドの敵もスペクター首領ブロフェルドからミスター・ビッグに替わっている。小説・映画版でボンドと結婚するトレーシーも登場するが、ボンドとは特に深い関係になることもなく、むしろ初めはボンドを狙うスペクター幹部エミリオ・ラルゴの妹ソフィヤの方といい雰囲気になる。ボンドは犯罪組織ユニオン・コルスの協力も得て、ついにミスター・ビッグを倒すのだった。

Img_2600

« 平将門首塚 | トップページ | 007「黄金の銃を持つ男」 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/63001368

この記事へのトラックバック一覧です: 007「女王陛下の007」:

« 平将門首塚 | トップページ | 007「黄金の銃を持つ男」 »