2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« パリより愛をこめて | トップページ | 電熱グローブ① »

2015年12月 5日 (土)

2016年の天文現象

 2016年は皆既日食と金環日食が1回ずつある。3月9日の皆既日食は、インドネシアや太平洋海上で見られる。日本では、最大2割が欠ける部分日食として見られる。9月1日の金環日食は、アフリカ大陸中央部などで見られるが、日本からは見ることはできない。月食はない。1月9日には9年ぶりに水星の日面経過(水星が太陽面上を横切る)があるが、日本からは見られない。金星は前半は明けの明星だが、後半は宵の明星となる。火星は2年2ヶ月ごとに地球に接近するが、5月31日に最接近する。ただし、大接近ほどには近づかない。さそり座の赤い1等星アンタレスは、「火星に対抗するもの」という意味だが、その名のとおり夏の夜は火星とアンタレスが並んで赤い輝きを競い合う。近くには土星もあるので、見ものだろう。ペルセウス座流星群は8月12日深夜に極大を迎え、上弦の月が沈んだ後は好条件で観測できる。7月4日にはNASAの木星探査機ジュノーが木星の極軌道に入る。探査機が木星に接近するのは2007年のニュー・ホライズンズ以来だ。

Img_2544

« パリより愛をこめて | トップページ | 電熱グローブ① »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62806330

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の天文現象:

« パリより愛をこめて | トップページ | 電熱グローブ① »