2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« パトリオット・ゲーム | トップページ | 007「オクトパシー」 »

2015年11月21日 (土)

今そこにある危機

 トム・クランシーのジャック・ライアン シリーズ第3作「今そこにある危機」でCIA分析官ライアン(ハリソン・フォード)は、内なる敵との戦いにも巻き込まれる。コロンビアの麻薬カルテルの殺し屋を逮捕し、カルテルの秘密口座を差し押さえたFBIだが、カルテルはその報復としてFBI長官を暗殺してしまう。アメリカ大統領は、CIAと米軍にカルテル殲滅の極秘作戦を命じるが、現地に潜入した特殊部隊は身内の裏切りによって孤立してしまう。ライアンは海軍特殊部隊出身のCIAエージェント ジョン・クラーク(ウィレム・デフォー)と協力し、特殊部隊の救出に向かう。生き残った兵士の救出に成功し、隠された真相を知ったライアンは、大統領の圧力にも屈せず、議会で真実を語ると宣誓するのだった。CIA副長官ジェームズ・グリーア(ジェームズ・アール・ジョーンズ=ダース・ヴェイダーの声優)が死の直前、「君は大統領に対して宣誓したんじゃない。彼の雇い主である主権者、国民に宣誓したんだ」とライアンに語ったセリフが印象的だ。

91vfjd2f7ol_sl1500_

« パトリオット・ゲーム | トップページ | 007「オクトパシー」 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62714921

この記事へのトラックバック一覧です: 今そこにある危機:

« パトリオット・ゲーム | トップページ | 007「オクトパシー」 »