2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 将門記の舞台を歩く⑤ | トップページ | 似江戸古墳群 »

2015年11月17日 (火)

将門記の舞台を歩く⑥

 10世紀中頃、坂東(今の関東)で乱を起こした平将門の居館は、今の下妻市や常総市、坂東市あたりにあった。常総市向石下にある将門公苑には、豊田館趾の碑と将門のレリーフがある。将門は相馬小次郎とも豊田小次郞とも呼ばれたが、若い頃このあたりにいたのは間違いないのだろう。「野本合戦」に快勝した将門は、その後もおじの良正、良兼らとの合戦に勝ち、しばらくは快進撃が続く。これらの合戦は平氏一族内の争いだったことから、朝廷も将門寄りの姿勢で、将門にとっては悪い時期ではなかったろう。その後将門は本拠地を今の坂東市岩井に移し、石井(いわい)営所を築く。「将門記」によると、良兼が937年、将門の雑役夫である丈部(はせつかべ)小春丸をスパイとし、石井営所に夜襲をかけるものの、将門がわずかな手勢でこれを返り討ちにしたそうだ。

Img_2511

« 将門記の舞台を歩く⑤ | トップページ | 似江戸古墳群 »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62689047

この記事へのトラックバック一覧です: 将門記の舞台を歩く⑥:

« 将門記の舞台を歩く⑤ | トップページ | 似江戸古墳群 »