2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ニキータ | トップページ | 将門記の舞台を歩く② »

2015年11月11日 (水)

将門記の舞台を歩く①

 平将門は10世紀中頃、坂東(今の関東)で承平天慶の乱を起こした。その経緯は、「将門記(しょうもんき)」という書物によって、1000年以上経った現代でも知ることができるが、「将門記」の冒頭は「野本合戦」の場面から始まっている(本当の冒頭部分は欠落してわからない)。当時将門は30代前半だったと思われるが、父 良将(良持とも)が若くして死去し、伯父の国香やその舅 源護らと対立していたらしい。源護と国香は今の茨城県筑西市を本拠地としていたが、将門が所用でこのあたりを訪ねた際、源護の息子 扶(たすく)・隆・繁の3兄弟に襲撃された。将門はこれを返り討ちにし、源護や国香の居館まで一気に攻め込んで火をつけ、国香は焼死してしまう。この「野本合戦」の舞台となったのは、筑西市中上野〜赤浜周辺と推定されている。このあたりからは筑波山がよく見えるが、将門も国香と対立する前はたまに遊びに来ていただろうから、将門にとって見慣れた風景だったに違いない。

Img_2491

« ニキータ | トップページ | 将門記の舞台を歩く② »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62650338

この記事へのトラックバック一覧です: 将門記の舞台を歩く①:

« ニキータ | トップページ | 将門記の舞台を歩く② »