2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 野辺山宇宙電波観測所 45m電波望遠鏡 | トップページ | アルマ望遠鏡 »

2015年11月28日 (土)

すばる望遠鏡

 国立天文台のすばる望遠鏡は、ハワイ島マウナケア山頂に位置する、世界最大級の口径8.2mを誇る光学赤外線望遠鏡だ。マウナケア山頂は標高4,200mもあり、天体観測に最適な環境であることから、各国の大型望遠鏡がここに集積している。口径8.2mともなると主鏡はものすごく重いので、自らの重さで歪んでしまい、そのままでは星は点像にならない。そこですばる望遠鏡では、コンピュータ制御された261本のアクチュエータと呼ばれる「腕」で主鏡を支え、歪みを補正している。標高が高いのでそれなりの準備が必要だが、一般見学も可能だ。ぼくはハワイには行ったことがないが、もしその機会があればぜひすばる望遠鏡を見に行きたい。

Img_2461

« 野辺山宇宙電波観測所 45m電波望遠鏡 | トップページ | アルマ望遠鏡 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62759524

この記事へのトラックバック一覧です: すばる望遠鏡:

« 野辺山宇宙電波観測所 45m電波望遠鏡 | トップページ | アルマ望遠鏡 »