2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 将門記の舞台を歩く② | トップページ | 将門記の舞台を歩く③ »

2015年11月13日 (金)

ベルヴェデール

 007ジェームズ・ボンドが愛飲する酒はシャンパンとマティーニだ。シャンパンについては、もともとはドン・ペリニヨンを愛飲していたが、途中からボランジェ・グランダネを飲むようになった。マティーニについては、イアン・フレミングの原作「カジノ・ロワイヤル」につくり方が詳しく書いてあるが、ゴードンのジン+ウォッカ+キナ・リレのベルモットを氷みたいに冷たくなるまでよくシェイクし、レモンの皮を薄く大きく切ったやつを入れる。当時は東西冷戦の時代で、イギリス(ジン)・フランス(ベルモット)とソ連(ウォッカ)の関係を表したレシピだったとも言われている。このマティーニには数多くの種類があり、ジン+ドライベルモットでつくるのが通常のマティーニ、ウォッカ+ドライベルモットでつくるのはウォッカ・マティーニと呼ばれている。なお、マティーニは普通、シェイクではなくステアでつくるが、ボンドはシェイクでつくるのが好みで、「Shaken, not stirred(ステアでなくシェイクで)」はボンドの決まり文句だ。ボンドはこれまで、ウォッカとしてはスミノフやフィンランディアを飲んでいたが、まもなく公開となる映画「スペクター」では、ポーランドの「ベルヴェデール」を飲むようだ。というわけで、これを記念した限定商品が発売されている。

Img_2532

« 将門記の舞台を歩く② | トップページ | 将門記の舞台を歩く③ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62663669

この記事へのトラックバック一覧です: ベルヴェデール:

« 将門記の舞台を歩く② | トップページ | 将門記の舞台を歩く③ »