« 似江戸古墳群 | トップページ | パトリオット・ゲーム »

2015年11月19日 (木)

遙かなる馬産地の記憶

 北海道日高地方は日本最大の馬産地で、年間5,000頭以上を生産、日本全体の8割を占めている。しかし、このようになったのは戦後のことで、とりわけ1970年の減反政策によって稲作農家による競走馬生産が急増した。ぼくの記憶でも、小学生の頃は水田がたくさんあったが、その後どんどん水田がなくなり、牧場になっていった。競馬コラムニスト河村清明が書いた「遙かなる馬産地の記憶」は、昭和初期から昭和40年代までの馬産地日高の歴史を振り返った本で、知ってる人が何人も出てきて、馬産地出身のぼくとしては非常に興味深かった。

Img_2526

« 似江戸古墳群 | トップページ | パトリオット・ゲーム »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62700904

この記事へのトラックバック一覧です: 遙かなる馬産地の記憶:

« 似江戸古墳群 | トップページ | パトリオット・ゲーム »