2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アルマ望遠鏡 | トップページ | 007「スペクター」 »

2015年11月30日 (月)

口径30m超大型望遠鏡TMT

 国立天文台がハワイ島マウナケア山頂に建設を進めている口径30m超大型光学赤外線望遠鏡TMT(Thirty Meter Telescope)は、現在世界最大級のすばる望遠鏡(口径8.2m)をはるかにしのぐ高性能望遠鏡をめざしている。すばる望遠鏡は主鏡が一枚鏡だが、口径30mともなると一枚鏡では製造が困難なので、492枚もの鏡をつなぎ合わせて主鏡とする。標高4,200mで地上より大気が薄いとはいえ、大気のゆらぎによって像が乱されるので、これを補正する最新の補償光学機器も取り付ける。この結果、宇宙空間にあるハッブル宇宙望遠鏡を10倍以上上回る解像度を実現する計画だ。完成は2024年の予定で、TMTが稼働すれば、天文学も大きく塗り替えられるかもしれない。

Img_2460

« アルマ望遠鏡 | トップページ | 007「スペクター」 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62759554

この記事へのトラックバック一覧です: 口径30m超大型望遠鏡TMT:

« アルマ望遠鏡 | トップページ | 007「スペクター」 »