2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 宇宙戦争 | トップページ | シャーロック・ホームズ »

2015年10月 2日 (金)

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ

 イギリスの作家ジョン・ル・カレによる小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」は、東西冷戦下のイギリスMI6(サーカス)を舞台とした傑作スパイ小説だ。サーカスのトップ コントロールは、サーカス内にモスクワセンター(KGB)の二重スパイ「もぐら」がいるのではないかと疑い、その正体を突き止めるためある作戦を遂行しようとする。しかし、その作戦は大失敗に終わり、コントロールは失脚、コントロールの片腕ジョージ・スマイリーもサーカスを追われる。しかし、やはり「もぐら」はいるのではないかと疑った政府上層部の指令で、引退したコントロールが捜査に引っ張り出され、地道な捜査の末ついに「もぐら」の正体を暴くのだった。タイトルはコントロールがサーカス幹部5人を意味する暗号からとられているが、実はコントロールはスマイリーさえ疑っていた。この世界、自分以外はすべて疑えということなんだろう。「もぐら」の正体は突き止めたが、スマイリーにはさらに、「もぐら」を操っていたモスクワセンターのカーラとの対決が待っている。「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」はイギリスでドラマ化されたほか、「裏切りのサーカス」として映画化もされた。ドラマでスマイリーを演じたのは、映画「スター・ウォーズ」でオビ=ワン・ケノービを演じたアレック・ギネスで、これはぜひ見てみたい。

Img_2410

« 宇宙戦争 | トップページ | シャーロック・ホームズ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62390652

この記事へのトラックバック一覧です: ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ:

« 宇宙戦争 | トップページ | シャーロック・ホームズ »