2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 北海道フェア | トップページ | ニュートリノで輝く宇宙 »

2015年10月 6日 (火)

羊たちの沈黙

 天才的な精神科医であるハンニバル・レクターは、殺害した人間の臓器を食べる猟奇的犯罪者でもあった。1991年の映画「羊たちの沈黙」は、アンソニー・ホプキンスの怪演により一躍その存在を世に知らしめた。FBIの実習生クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)は、バッファロー・ビル事件と呼ばれる猟奇的犯罪捜査のため、収監中のレクターにアドバイスを求める。レクターはクラリスに興味を持ち、アドバイスの見返りとして彼女に過去のトラウマを語らせる。とにかく最初から最後まで、暗〜くおどろおどろしい展開が続く。クラリスは単身、バッファロー・ビルの自宅に踏み込み、暗闇の中、恐怖心に打ち勝って見事バッファロー・ビルを倒す。がしかし、レクターは捜査協力の見返りとして収監場所を移動する間、警察官を殺害して脱走してしまう。このあたりの脱走方法もレクターらしい猟奇的手法だ。とにかくホプキンスの怪演ぶりがすごい。

51q4urmfdpl

« 北海道フェア | トップページ | ニュートリノで輝く宇宙 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62416412

この記事へのトラックバック一覧です: 羊たちの沈黙:

« 北海道フェア | トップページ | ニュートリノで輝く宇宙 »