2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ホンダF1エンジン⑤ RA122E(1992年) | トップページ | 星界の報告 »

2015年9月18日 (金)

宇宙論はいま

 物理科学雑誌「パリティ」の特集本パリティブックスには天文学の本が何冊かあるが、パリティ編集委員会編の「宇宙論はいま」は、佐藤文隆の「いまさら宇宙論?」に続く本だ。20世紀終わり頃から、観測技術の向上により新たな発見が相次ぎ、宇宙論は大きく飛躍し始めた。冒頭にはこの分野の第一人者である佐藤文隆vs佐藤勝彦の対談が掲載されていて、最先端のトピックスについて2人の見方が示されている。当時の最大の発見は、宇宙の膨張が加速しているという話で、これを説明するために、宇宙のエネルギーの3分の2はダークエネルギー(フォースのダークサイドとは無関係)と呼ばれる正体不明のエネルギーであるという仮説が登場した。これはいまもって解明されておらず、大きな謎だ。

Img_1202

« ホンダF1エンジン⑤ RA122E(1992年) | トップページ | 星界の報告 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62297430

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙論はいま:

« ホンダF1エンジン⑤ RA122E(1992年) | トップページ | 星界の報告 »