« ホンダF1エンジン① RA168E(1988年) | トップページ | 平将門 物語と史跡をたずねて »

2015年9月 8日 (火)

XーMEN:ファイナル ディシジョン

 前作「XーMEN2」で仲間を救うために死んだかと思われたジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)だったが、実は生きていた。しかし、生きていたのはいいが、本作「XーMEN:ファイナル ディシジョン」では、別の人格が目覚めた上にはるかにパワーアップし、XーMENの強敵として立ちふさがる。しかも、人類側はミュータントを普通の人間に変える新薬キュアを開発し、またしてもXーMENとマグニートー率いる「ブラザーフッド」、人類の三つどもえの戦いが繰り広げられる。XーMENたちも前2作よりパワーアップしているので、戦いはよりハデになっている。戦いの末に多くのミュータントが死に?、超人的な能力も失う?が、どうやらそうでもないようで、プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)もいずれ復活してくれそうだ。さすがXーMEN。

51rgfippl3l

« ホンダF1エンジン① RA168E(1988年) | トップページ | 平将門 物語と史跡をたずねて »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62234855

この記事へのトラックバック一覧です: XーMEN:ファイナル ディシジョン:

« ホンダF1エンジン① RA168E(1988年) | トップページ | 平将門 物語と史跡をたずねて »