2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 平将門 | トップページ | ホンダF1エンジン④ RA121E(1991年) »

2015年9月13日 (日)

ホンダF1エンジン③ RA100E(1990年)

 自然吸気(NA)エンジン2年目の1990年、ホンダは前年のRA109Eと同じV型10気筒ながらも、ショートストローク化したRA100Eを投入してきた。ショートストローク化すると回転数が上がるが、RA100Eの常用回転限界は14,000rpmだったという。しかし、この年はアラン・プロストが駆るフェラーリも速かった。フェラーリV12エンジンが強力だったこともあるが、シャシー性能の差もあったのだろう。エンジンだけではだんだん勝てなくなってきたシーズンだった。

Img_0470

« 平将門 | トップページ | ホンダF1エンジン④ RA121E(1991年) »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホンダF1エンジン③ RA100E(1990年):

« 平将門 | トップページ | ホンダF1エンジン④ RA121E(1991年) »