2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« RAW現像④ | トップページ | RAW現像⑥ »

2015年8月 9日 (日)

RAW現像⑤

 キャノンDigital Photo Professional(DPP)による天体写真RAW現像第5回目は、トーンカーブ調整。ヒストグラムとトーンカーブの下にコントラスト調整スライダがあり、ここでコントラストを強めたり弱めたりする。ぼくはいつもコントラストを強めにするが、あまり強くすると中間色の階調が失われるため、もうちょっと弱めがいいかもしれない。このあたりは好みの問題もあるので、いろいろ試してみるといい。コントラストを強くすると、トーンカーブの形がS字に変わるのがわかる。ハイライトやシャドウスライダを動かすと、これまたトーンカーブの形が変わる。このように、トーンカーブを調整することによって、淡い星雲を浮き上がらせたり、オリオン座大星雲M42の中心部のようにすぐに露出オーバーになってしまう部分を淡くしたりということができる。

Raw5

« RAW現像④ | トップページ | RAW現像⑥ »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62043731

この記事へのトラックバック一覧です: RAW現像⑤:

« RAW現像④ | トップページ | RAW現像⑥ »