« ペルセウス座流星群 | トップページ | TIDE »

2015年8月12日 (水)

ターミネーター 新起動(ジェニシス)

 アーノルド・シュワルツェネッガーが映画「ターミネーター」第1作に出演したのが1984年、以来四半世紀の間にシリーズは第4作まで制作されたが、最新作「ターミネーター 新起動(ジェニシス)」は、第1作と同じ1984年のロサンゼルスが舞台となる。2029年から1984年に送り込まれたターミネーターとカイル・リースは、第1作と同じように登場するが、いきなり別のストーリーが展開する。どうやらどこかで歴史が書き換えられたようだ。ごく普通のウェイトレスのはずのサラも、力強い戦士になっている。そのサラがおじさんと慕う男は、見た目は中年となったターミネーターTー800だった。要するに第1作と本作とはパラレルワールドということになるが、第1作・第2作のシーンがところどころに再現されていて、思わずニヤッとさせられる。最後は2017年にタイムトラベルしたサラとカイルとターミネーターの活躍によってジェニシス=スカイネットの起動は阻止されるが、続編も制作されるようだから、まだまだスカイネットは滅んでないんだろう。恐るべし、スカイネット。

Header

« ペルセウス座流星群 | トップページ | TIDE »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62062715

この記事へのトラックバック一覧です: ターミネーター 新起動(ジェニシス):

« ペルセウス座流星群 | トップページ | TIDE »