2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« スター・ウォーズ全史 | トップページ | 007ムーンレイカー »

2015年8月25日 (火)

007カジノ・ロワイヤル

 映画007シリーズの原作はイアン・フレミングの小説だが、その第1作が「カジノ・ロワイヤル」だ。小説版ではボンドの敵はそのものずばりソ連で、スメルシュという暗殺機関が登場する。映画第1作「ドクター・ノオ」ではボンドの敵がスペクターに置き換えられ、第21作「カジノ・ロワイヤル」ではさらに別の組織が登場するが、映画「カジノ・ロワイヤル」のストーリーは割と原作に忠実だ。それはそうとして、小説版ではヴェスパー・リンドがボンドのことを「ちょっとホーギー・カーマイケルを思い出させる」と述べていて、なるほどフレミングはボンドのイメージとしてカーマイケルを思い描いていたのかということがわかる。ともかく、ボンドはヴェスパーとの結婚を真剣に考えるところまでいくが、ヴェスパーは実は二重スパイで、映画同様、悲しい結末を迎える。

Img_2367

« スター・ウォーズ全史 | トップページ | 007ムーンレイカー »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/62146419

この記事へのトラックバック一覧です: 007カジノ・ロワイヤル:

« スター・ウォーズ全史 | トップページ | 007ムーンレイカー »