2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 量子宇宙への3つの道 | トップページ | 富士神社古墳 »

2015年7月 1日 (水)

宇宙のさざなみ

 1983年、IRAS(赤外線天文衛星)が打ち上げられ、赤外線による観測で宇宙の大規模構造が明らかにされた。そして1992年にはCOBE(宇宙背景放射探査衛星)が打ち上げられ、あらゆる方向から等方的にやってくる宇宙背景放射にわずかなゆらぎが存在することを発見、この密度の「さざなみ」が現在の宇宙の大規模構造の種となったことが明らかになった。IRAS計画で主導的な役割を果たしたイギリスの天文学者M.ロワンーロビンソンが書いた「宇宙のさざなみ」は、IRASとCOBEがどのように新発見をしたか、宇宙の「さざなみ」が宇宙論にとってどのような意味を持つかを解説した本だ。

Img_1193

« 量子宇宙への3つの道 | トップページ | 富士神社古墳 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/61817285

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙のさざなみ:

« 量子宇宙への3つの道 | トップページ | 富士神社古墳 »