2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 天体写真の撮影 デジタル一眼レフカメラ① | トップページ | 天体写真の撮影 デジタル一眼レフカメラ③ »

2015年7月29日 (水)

天体写真の撮影 デジタル一眼レフカメラ②

○撮影モードはマニュアル露出(M)モード、シャッタースピードはバルブ(BULB)
 デジタル一眼レフカメラはシャッターボタンを押すだけの全自動撮影が可能だが、昔ながらのマニュアル露出などもできるようになっている。天体写真撮影では数秒〜数分間という長時間露光で撮影するので、撮影モードはマニュアル露出モードとし、シャッタースピードはバルブにする。
○ISO感度は最高
 露出時間が同じでも、ISO感度が高いほど暗い星がよく写る。ISO感度は一番高い数字(EOS Kiss Digital Xだと1600)にしよう。ただし、ISO感度を高くするとノイズが目立って画質が悪くなるので、その場合1〜2段階低い数字にする。
○記録画質は最高、またはRAW
 記録画質はJPEGなら最高にしよう。または、生データであるRAWで撮影して、キャノンDigital Photo Professionalなどのソフトウェアで現像するという手もある。天体写真撮影の場合は特に、RAWで撮影すると見映えのする写真に仕上げることができるので、ぜひ試してみよう。

Img_2364

« 天体写真の撮影 デジタル一眼レフカメラ① | トップページ | 天体写真の撮影 デジタル一眼レフカメラ③ »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/61973310

この記事へのトラックバック一覧です: 天体写真の撮影 デジタル一眼レフカメラ②:

« 天体写真の撮影 デジタル一眼レフカメラ① | トップページ | 天体写真の撮影 デジタル一眼レフカメラ③ »