2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 最新・宇宙創世記 | トップページ | 天体写真の撮影 コンパクトデジタルカメラ① »

2015年7月21日 (火)

宇宙96%の謎

 現代宇宙論では、宇宙には、われわれには見えないダークマター(暗黒物質)やダークエネルギーがあると考えられている。ダークマターは、はるか彼方の銀河団の運動を観測したスイスの天文学者 フリッツ・ツヴィッキーが、宇宙には目に見えない質量が通常の物質よりはるかに多く存在するはずだとして考え出したものだ。その後暗黒物質の候補としていろいろな仮説が出されたが、正体はいまだ不明だ。20世紀終わり頃になると、観測技術が大きく進歩し、ビッグバンモデルの決定的証拠が得られるようになったが、日本の物理学者 佐藤勝彦らによるインフレーションモデルが登場すると、ダークエネルギーという正体不明のエネルギーを導入すれば観測結果をよく説明できることがわかった。最新の仮説では、宇宙を構成するのはダークエネルギーが68.3%、ダークマターが36.8&、通常の物質が4.9%とされている。佐藤勝彦が書いた「宇宙96%の謎」は、ダークマターやダークエネルギーの正体に迫りながら、宇宙論の最前線を解説した本だ。

Img_1177

« 最新・宇宙創世記 | トップページ | 天体写真の撮影 コンパクトデジタルカメラ① »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/61924630

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙96%の謎:

« 最新・宇宙創世記 | トップページ | 天体写真の撮影 コンパクトデジタルカメラ① »