2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 狂騒する宇宙 | トップページ | タイムマシンをつくろう! »

2015年4月 9日 (木)

コスモス・オデッセイ

 自然界には原始番号92ウランまでの元素が存在するが、もともと138億年前のビッグバンで生成したのは水素(陽子1個)とヘリウム(陽子2個)ぐらいだった。それが重力で集まり、中心部で核融合を起こして初めて恒星が誕生したのは、ビッグバンから数億年後と考えられている。ひとたび核融合が起きると、水素・ヘリウムより重い元素が生成していくが、特に大質量星では、核融合は非常に速いスピードで進んでいく。そして、地球でおなじみの炭素や窒素、酸素、カルシウムなどがどんどんつくられ、中心には鉄がたまっていく。これが超新星爆発で飛び散り、次世代の星の材料になり、さらには地球上の生命のもとにもなった。アメリカの物理学者ローレンス・クラウスが書いた「コスモス・オデッセイ」は、宇宙の誕生から生命の誕生まで、1個の酸素原子をめぐる壮大な物語だ。

Img_1179

« 狂騒する宇宙 | トップページ | タイムマシンをつくろう! »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/61408831

この記事へのトラックバック一覧です: コスモス・オデッセイ:

« 狂騒する宇宙 | トップページ | タイムマシンをつくろう! »