2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« アインシュタインの時間 | トップページ | 天の川の真実 »

2015年4月14日 (火)

太陽系の果てを探る

 冥王星は現在、準惑星に分類されているが、かつては太陽系の第9番惑星だった。しかし、太陽系に未知の惑星が存在すると考える人も多く、水星の内側に「バルカン」という惑星があるとか、冥王星の外側に第10番惑星があるとして、それらを探し出そうという研究も盛んに行われた。20世紀後半になり、観測技術が進歩するにつれ、実際に冥王星に似た小惑星が続々と発見されるようになった。冥王星が惑星から準惑星へと変更されたのも、これが理由だ。現在では、海王星の外側にはエッジワーズ・カイパーベルトという領域があり、そこには多くの小天体(EKBO)があると考えられている。日本の天文学者 渡部潤一らが書いた「太陽系の果てを探る」は、冥王星が準惑星に変更されるちょっと前に書かれた本で、第10番惑星を発見しようと追い求めてきた人々の物語だ。

Img_1176

« アインシュタインの時間 | トップページ | 天の川の真実 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/61434240

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系の果てを探る:

« アインシュタインの時間 | トップページ | 天の川の真実 »