2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 人類の進化 大図鑑 | トップページ | ハッブル望遠鏡が見た宇宙 »

2015年4月27日 (月)

日本列島の20億年

 日本列島が形成されたのは、46億年の地球の歴史から見れば、割と最近だ。海洋プレートが海溝で大陸プレートの下に沈み込むとき、海洋プレートの上の堆積物がはぎ取られ、陸側に積み重なっていくものを付加体というが、日本列島は主に付加体からできている。これが大陸から引き裂かれ、弧状列島となっていくのだが、今の姿になったのは1万年前とごく最近のことだ。しかし、日本列島の元になった付加体の中には、もちろんもっと古いパーツがある。中でも、岐阜県七宗町(ひちそうちょう)の飛騨川沿いの上麻生礫岩(れきがん)には、20億年前という日本最古の片麻岩(へんまがん)が含まれている。このように日本列島に刻まれた地球の歴史を物語る50の景観を選び、写真とともに紹介するのが「日本列島の20億年」だ。北海道からも、浦幌町にあるKーT(K/Pg)境界やアポイ岳の幌満かんらん岩体などが紹介されている。

Img_1230

« 人類の進化 大図鑑 | トップページ | ハッブル望遠鏡が見た宇宙 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/61492164

この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島の20億年:

« 人類の進化 大図鑑 | トップページ | ハッブル望遠鏡が見た宇宙 »