2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 喰違見附 | トップページ | 太古の火星に広大な海 »

2015年3月 6日 (金)

ホモ属最古の化石

 アフリカのエチオピアで発掘された化石が、最古のホモ属の化石とみられるという研究成果が発表された。現生人類(ホモ・サピエンス)の祖先は500〜700万年前にチンパンジー・ボノボの祖先と枝分かれし、アウストラロピテクス(猿人)が出現、さらに進んで200〜300万年前に最初のホモ属が出現したと考えられているが、今回発掘された化石は280万年前の地層にあった。そこからまた長い年月をかけて多くの種が現れては消えていくが、10万年前、70億人を超える現代人すべての直接の祖先であるホモ・サピエンスがアフリカから世界へと広がっていった。今回の研究成果が人類史の謎を埋めるピースとなればおもしろい。

« 喰違見附 | トップページ | 太古の火星に広大な海 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/61233037

この記事へのトラックバック一覧です: ホモ属最古の化石:

« 喰違見附 | トップページ | 太古の火星に広大な海 »