« 進化とは何か | トップページ | 埼玉古墳群② 二子山古墳 »

2015年2月22日 (日)

埼玉古墳群① 稲荷山古墳

埼玉県行田市の埼玉(さきたま)古墳群には、5世紀後半から7世紀初めにつくられた9基の大型古墳がある。そのうち最初につくられたのが、全長120mの前方後円墳である稲荷山古墳だ。1968年の発掘調査では、後円部の埋葬施設から2つの埋葬施設が発見されたほか、金錯銘鉄剣(きんさくめいてつけん)などの副葬品が多数出土した。鉄剣に刻まれた銘文には、ワカタケル大王(雄略天皇)という言葉も出てきて、古代国家の成立を読み解く貴重な手がかりとなっている。

Img_1932

« 進化とは何か | トップページ | 埼玉古墳群② 二子山古墳 »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/61176934

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉古墳群① 稲荷山古墳:

« 進化とは何か | トップページ | 埼玉古墳群② 二子山古墳 »